×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

なぜ、新鮮がいいのか


 「おいしいー。」

これはどの家庭でも、ごくごく当たり前に発せられる言葉である。
では、この声はいかにして生まれるのか。 それは食べ物が新鮮であることによって、生まれているのである。 仮に、食べ物が新鮮でないとしよう。 そうであれば、どの家庭でもこのような光景が展開されるのではないだろうか。
否。そのような場を設けることは困難である。 食品が新鮮でない場合は、
「・・・・・」
のような光景が広がることであろう。
 あなたはこのような光景を望むだろうか? いや、誰もがこのような光景を望んでいないだろう。 誰もが望む光景は「おいしい」、「楽しい」光景なのだ。 このような光景を得るための要因の一つとして、 食品がおいしいことが絶対条件である。 おいしい食事があるからこそ、楽しい雰囲気も出てくるのだ。 「おいしい」と思わせるためには、食品が新鮮であることが一番の近道だろう。 だからこそ、食品が新鮮であることが重要なのだ。

ここで一つ、食品に関するアンケートを見てみよう。

(2007・2・1 食品安全委員会)

 見ればわかる通り、誰もが食品が新鮮であることを望んでいる。 だからこそ、食品が新鮮であることを誰もが手にすることが 今、全世界で叫ばれているのだ。 これを無視するということは我々、新鮮党として、大変遺憾である。 このような誰にでも与えられた権利を保護するためにも、 我々「新鮮党」は全世界に働きかけていかなければならないのである。

(2007・2・16)